ラブドールの歴史について

Posted By:missse Date:2021-05-28

今ラブドールは憧れの異性の姿、からだ、柔らかい皮膚などを持っている。彼女たちはあなたが仕事を終わって家に帰って寂しい時、性欲が満足しない時で男にストレスを消えあげる、快楽を与えできるかもしれない。もしあなたが一人でゲームをしたい時と映画を鑑賞したい時彼女たちはそばに付き合ってあげる。まさに完璧な伴侶ではないか?こういう時彼女たちがどうやって発展したことを興味が深くになる。そして、私たちは歴史を遡って彼女たちの発展を究明しましょう!

起源はどこから始めたか?

もっとも早い記載された記述は15世紀であった。15世紀頃、オランダやスペインの水兵たちは船で長い生活の中で、性欲を満たされなっかたので、何か性的需要を解決できる物が欲しかった。そして、持ちやすい布製の塊や枕のような穴があるもので自分の性欲を発散した。穴の中でバナナの皮や柔らかいものを入れてオナホールとして使った。これから、布製の塊がどんどん人形の形のようになった。こういう人形はダッチワイフと思われった。

どうやって発展したか?

本当のラブドールの誕生は19~20世紀ぐらいであった。これに関しての記載は1904年のフランスの雑誌「Les Detraquees de Paris」で外観の写真を写しった。こういう時は人の生殖器たげやある部分がゴムやほかのプラスチックなどの材料を作られた。もしくは、すごいエロ機械師はドールが男性や女性のからだの全部を作りました。Dr.Pは自分を手作りしたダッチワイフを展示した。彼の作品は本物の人みたいだけではなく、充気と加熱できる。ただし、セックスドールの作り上げた時間はとても長い、三ヶ月以上をかからなければならない。価格もとても高いである、おそらく100万円以上である。

世界初の空気入れドールはヒトラーが発明したという説もあります。第一次世界大戦の時、ドイツ軍は世界征服を目指してドイツを遠い国で戦ったので性欲を満たされなかった、戦争のストレスに加えて、他の国の売春婦たちは存分に性欲を解放したが、乱交の原因でたくさんの兵士たちは性病を感染した。そして、たくさん兵士は亡くなった。第二次世界大戦の時、ヒトラーは兵士が性病を感染することを避ける為にセックスドールを秘密に開発したいと計画した。しかし、戦争の経費が高すぎるのせいで、開発計画は終止ざるをえなかった。残念ながら、このセックスドールのモデルや設計図はドイツ衛生博物館に保存されたが、連合軍はドイツ衛生博物館を爆弾で破壊した。ヒトラーのセックスドール計画は中断された。

異世界の少女 超爆乳ラブドール 結月希153cm

1960年代ぐらい、アメリカ人はダッチワイフの開発を続けた。それの実用はベトナム戦争の兵士たちに充気的な開発品を配った。戦争を終わった後、民間企業はそれの価値を理解して生産を始めた。1990年代ぐらい、作る素材はシリコンに変わた。シリコンのおかげで感触はもっと柔らかくて本物の人間らしくになった。今はもっとリアルを目指して進化している。

リアルラブドールの発展を一番役に立つ国は日本であった。1956年、日本第一南極大陸探索隊の性欲とストレスを解消するために南極1号ダッチワイフを秘密に開発した。しかし、南極1号素材は優秀ではなかった、南極氷点下の極端な気候を加えて使うのは無理だ。でも、マスコミのおかげで、人々は南極1号を分かった。民間企業はビニルドールを開発して販売した。ビニルドールは等身大ですが、とても軽くて持ちやすいである。当時は5000円ぐらいで販売した。空気を入れて膨らみになるビニルドールは丈夫ではなかったのせいで、力を少し使いすぎると壊れになった。1977年、オリエント工業という日本一番有名のアダルトドールメーカーが創業した。戦争で障害者となった兵士たちの性的需要を解決するための「微笑」という製品を開発した。価格は38000円であった。1999年オリエント工業は日本の業界の革命製品ソフトビニール製ダッチワイフを開発した。外見がどんどんリアルになり、使用体験は徐々に最適化されていた。これから後2年ぐらいオリエント工業はシリコンドールを販売し始めた。シリコンドールのリアル、柔らかさ、人間皮膚みたいな感触のおかげで世界中で爆発にヒットした。

未来どうなるか?

ダッチワイフ昔は主にセックスを模擬する性具であったが、今家族の一員としてほんとの精神的なパートナになった。骨格が制限的範囲で動きできるから、人間のように進化しているかもしれない。今最先端のアダルトドールはAI機能を加えて、簡単な会話や動きがてきるようになる。彼女たちの目は本当の人間のようにスムーズに動いたり、話す時は口が開けしめたりできる。さらに、タッチ感知技術を運用したセックスロボットもありまして、抱きしめたり、撫でたりすると人の動作が感知され、うめき声などが出せる。未来はほんとの自分の意識で動きできるラブドールを開発されるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

添付写真の最大容量: 10 MB. imageの写真添付可能. レビュー内容のYouTube、Facebook、Twitter などのリンクは自動的に変えます。 Drop files here